デスクワークで重要なアイテム

デスクワークを続けている人の職業病ですが、曜日感覚がなくなってくるという話があります。やはり外に出るという刺激がないと、毎日が同じように思えてくるのかもしれませんね。人生には刺激が必要なので、土日まであと何日なのとか、次の週には国民の休日があるとかの情報はしっかりさせておく必要があるかと思います。仕事人間になるのもかまいませんが、やはり自由に使える日にちに趣味などを持つ事が人生においてもメリハリだと思います。

そんなデスクワークの曜日確認に役に立つのが卓上カレンダーです。卓上カレンダーは、メモ代わりにもなるので、スケジュール確認用にも役に立ちます。職場に卓上カレンダーを用意するメリットとしては、今後のスケジュールのメモを目に付くところに置く事で、人的ミスやモチベーションの維持などの効果があるとされています。企業側で卓上カレンダーを全員に配布しているところもあるのですが、そうでないのなら自分で購入して意識を高めるのも成果に繋がると思います。

そんな卓上カレンダーなのですが、取り扱っているお店は少なく感じます。こちらでは来年の分の卓上カレンダーの受付が始まっていますので、自分に合ったよいデザインのものがないか確認してもよいでしょう。

http://www.sc-cal.com/

Leave a comment

全国対応の複合機リースの見積もりサイトとは

新しく事業を始められる方や、企業の移転や新設などにはパソコンや複合機などのビジネス機器が必要となります。これらの機器はビジネスシーンには必要不可欠なものとなっており、購入やリースなどで導入されるようです。複写機などはリースでの導入が多く、企業としても毎月の経費として計上することが出来るので初期費用も抑えることが出来るとともに有り難いですよね。そんなニーズに応えているのが複合機・コピー機リースの見積サイト【QOOL】です。
こちらのWEBサイト

複合機・コピー機リースの見積サイト【QOOL】では、複合機・コピー機のリースからビジネスフォン・パソコンまで必要なOA機器をワンストップサービスでご提供しています。このサイトのトップページにある「わがまま見積り」をクリックし、簡単な見積もフォームから選んでもらうだけであなたのオフィスにぴったりな複合機などを提案してくれますよ。

納入、サポートさせて頂いたお客様からは、フォロー体制にご満足頂いたり、各種機器のリースの不安を解消できたりと評価をいただいています。また、リーズナブルな料金設定においても喜んで頂いたりしております。アフターフォローも全国対応となっており、万全の体制が整っているとのことなので安心ですね。
ビジネス機器を必要とするなら複合機・コピー機リースの見積サイト【QOOL】をアクセスしてみてください。

Leave a comment

複合機はリースが魅力的

複合機は多機能でスペースを取らないため会社の仕事を助けてくれる優れものです。その分費用が高く新品での購入を考えていたらすぐには導入なんてことは難しくなります。特に会社を立ち上げたばかりのときには新品の複合機を使うなんてことはコストの事を考えてみても現実的ではありません。複合機の導入なら中古での購入かリースをするという方法が一般的です。

中古には中古の魅力がありますし、リースにはリースの魅力があります。中古は複合機を格安で購入できます。購入ですので自分たちの物になりますがリースは新品の複合機をリース会社から借りるという事になります。中古は古い複合機を使うことになりますが、リースは新品を使うことができます。初期の導入費用もリースの方が安いため中古の複合機の購入費用すらも用意できないといったときにはリースといった方法が便利です。

複合機は長く使っていくことが大事になりますので、すでに使い込まれた中古の複合機ではいつ壊れるか分かりません。リースは新品を借りることになるため故障のリスクが低く、長く安心して使っていくことができます。リースにももちろんデメリットはありますので特徴を理解してリースしてみてください。

Leave a comment

これなら販売管理もはかどる、日本人に適したシステムとは?

販売管理を担当している方から、けっこう計算が大変だというお話を聞いたことがあります。在庫の入出庫や見積・販売などのデータを全て連動させていく必要があり、毎日苦労が耐えないのだとか。販売管理システムは導入されていますが、海外製品なのでイマイチ使いこなせていないのだそうです。

ということで、その方はご自分で使いやすそうな販売管理システムを探してみたところ、日本人が開発したというグランディット(GRANDIT)の商品が見つかったそうです。
http://www.grandit.jp/従来の管理システムは海外で開発されたものなので、日本人には使いにくいのですが、グランディットは日本人が日本人の感性に合うように作っているので、使いやすくて効率の良い管理ができるんです。有名企業にも導入されている実績が多いので、今後使う企業が増えてくるのではないでしょうか。

グランディットの販売管理システムは、ロット番号、有効期限が必要なロット商品の管理や社内受発注・売買の管理といった、販売部門全体に関わる業務だけでなく、見積書、注文書、利益計算書の作成や部門・担当者別の商品取引先別の予算、見込、実績管理、委託品、サンプル品の販売の管理など、さまざまな業務をこれだけで行うことができます。在庫調達や製造部門との連動もできるので、リアルタイムのデータをチェックすることができます。

グランディットを導入してもらってから、販売管理がに苦労されていたというこの方は毎日の業務がスムーズに行えるようになったそうです。あなたの職場でも、グランディットの販売管理システムを導入してみませんか。

Leave a comment